イタチ駆除を行うことで住環境を守ることができる

メンズ

ムカデの出ない家を目指す

ムカデ

咬まれると危険な害虫

家の中に侵入する害虫の多くは、不快感を与えたり不衛生さが問題となったりします。蚊やダニ・ノミに刺されればかゆみを生じます。ゴキブリは見た目の気持ち悪さに加え、衛生環境を悪化させます。中でもムカデは強い毒を持っているため、万が一咬まれると危険です。ムカデの毒は、スズメバチと同様にアナフィラキシーショックを起こすこともあります。ムカデは湿った場所を好む習性があって、5月頃から10月頃にかけて活動をしています。特に梅雨時は最も活動的な季節です。夜に蒸し暑いからと言って窓を開けていると、夜行性のムカデが侵入する恐れがあるので要注意です。ムカデは雑食性のためお菓子なども餌にしますが、ゴキブリの糞や卵は特に好みます。そのためゴキブリがよく出没する家では、ゴキブリ対策ばかりでなくムカデ対策も欠かせません。都市部にも多く生息しており、家の中で1匹見かけたらもっと多くの個体が周辺に住み着いていると考えるべきです。湿った場所を好むムカデが侵入しやすい場所は、家の中でも台所や浴室・トイレなどの水回りです。わずかな隙間からでも容易に侵入するムカデ駆除のためには、こうした場所のチェックも必要になってきます。

駆除の徹底と侵入防止対策

家の中で目の前にムカデが出現した場合は、姿が見えるうちに対処しなければなりません。物陰に逃がしてしまった場合は、駆除するのが困難になるからです。ムカデは薬剤に対する耐性を持つものが多く、通常の殺虫剤が効かない場合も少なくありません。確実なムカデ駆除のためには、ムカデ専用の殺虫剤が必要となります。最近では害虫を瞬間的に凍らせる製品も登場しています。一方でムカデは、どこに潜んでいるかわからないという怖さもあります。そのような場合のムカデ駆除には、燻煙剤を使うという手もあります。その方法で駆除できたとしても、効果は必ずしも長続きしません。侵入する隙間がある限り、家の周辺に住んでいるムカデに再び侵入される可能性もあるのです。その点で害虫駆除を専門とする業者は、より徹底したムカデ駆除を実施してくれます。侵入経路にムカデの嫌う薬剤を散布する他、ムカデ返しと呼ばれる専用機材を屋外に設置することで侵入を防いでいるのです。家屋周辺の環境を改善し、ムカデが生息しないように整備する作業も侵入防止には欠かせません。ここまで対策を徹底させることによって、初めてムカデの出ない家にすることができるのです。